044-328-9098
JP CN EN

「ブラックメイルウイルス」が世界全体を巻き込む


5月12日より、ブラックメイルウイルス「WannaCry」は世界全体を巻き込んで、Windowsオペレーティングシステムのバグにより、連鎖反応で急速に普及され、キャンパスコンピューター、パーソナルコンピューター、ビジネスコンピューター及び政府機関は最も厳しい損害を受けてしまいました。WannaCryは米国国家安全保障局では以前開示された武器「永遠ブルー」のバグに基づき作り出されたブラックメイルワームです。

未来、国家安全への最大の脅威がサイバーテロから来るかも


「21世紀では、国家の最も重要な戦略資源は、もはや水、石油などでなく、データは次の最も重要な国家資源となります。」イスラエルの作家Yuval Noah Harariは、彼のベストセラー「未来略史」でこのような見解を表明しました。未来、戦争は人類が直面する重要な課題ではなく、別の形態としての「セキュリティの脅威」はいずれかの時間に先触れもなく訪ねる可能性が大きいと思います。

彼は、「未来、北朝鮮やイラン等の国はロジックボム(logic bomb)を利用し、カリフォルニアでの大規模な停電、テキサス州での製油所の爆発、ミシガン州での列車衝突を起こさせるということが可能です。ロジックボムはマルウェアコードで、平和時期に移植可能かつリモコン操作可能となります。米国も他の多くの国はいずれも、これらのソフトウェアコードの多くにハッキングされた可能性があります。」と述べています。

人類は主導権をアルゴリズムに任せる


ヨーロッパの帝国主義の全盛期には、植民者とトレーダーはカラービーズで先住民とトランザクションし島全体、国家全体を手に入れましたが、21世紀では、個人データは、ほとんどの人が提供できる最も貴重な資源であるかもしれないが、我々はフリーメールまたは面白い動物の笑いビデオに引き換えるために、自らこれらのデータを各大手テクノロジー企業に渡しています。

Google、Facebookや他のアルゴリズムは全知の預言者になった結果、更にエージェントに進化し、最後に君主となる可能性があります。ここでGPSナビゲーションアプリとして多くのドライバーに今も使用されているWazeを例とします。Wazeはただのマップだけではなく、何百万のユーザーによる常時更新に頼ら、渋滞、事故やパトカー位置の情報を取得することができます。従って、Wazeは、混雑した道路をエスケープし、最速で目的地に到達する方法を知っています。交差点に立ち、右のほうがいいという直感がありますが、Wazeにより反対の方向を示しています。自分の直感ではなく、Wazeを信じたほうがいいということは、ユーザーにとって、遅かれ早かれ明らかになります。

一目見ると、Wazeアルゴリズムはただの預言者です。質問をすると、預言者は返事しますが、最後にあなた次第になります。しかし、預言者はあなたの信頼を勝ち取りはじめると、次の合理的なステップはあなたのエージェントにすることです。アルゴリズムに究極の目標を指定するだけで、これはあなたなしでの監督下に、自ら目標を達成します。またWazeを例とします。即ち、Wazeを自動運転車にアクセスし、そして最短の道または最も風光明媚なルートまたは汚染が最も弱いルートを取るってWazeに通知します。簡単に言えば、あなたでコマンドを下し、そしてWazeで実行します。

最後、Wazeは君主になる可能性があります。大きな権力を握って、知っているものについては、はるかに上回るので、あなたや他のドライバーを操作し始め、あなたの欲求を作成し、全体に目を配る決定をさせます。たとえば、Wazeが本当に便利ているため、すべてのドライバーが使用し始めていることを前提としています。また今日道路1の渋滞が大変である一方で、代替の道路2のトラフィックが比較的に滑らかであると想定しています。Wazeは、ちょうど誰もが円滑な道路2を知らせる場合、すべてのドライバーが群れをなして道路2に殺到したあげく、また渋滞になってしまいました。すべてが同じ預言者を見つけ、そして彼を信じている際に、預言者は一変して君主になります。今回、Wazeは大局を考慮しなければなりません。多分半分のドライバーに開示することなく、残りの半分に円滑な道路2を教えます。その結果、道路1の渋滞を減らすことができ、道路2はトラフィックが消化できないにもなりません。

接続オフのあげく、致命のダメージとなる


これはほんの始まりに過ぎません。今アメリカでは、電子ブックを読む人はもう紙の本より多くなりました。例えば、AmazonのKindle等の電子ブックは、ユーザーが本を読む時にデータを収集することができます。例を挙げると、あなたのKindleはどこで読む速度が速いか遅いか、どのページに少し止まったことがあるか、どの行までこの本をやめたか、を知っています。Kindleに顔認識とバイオメトリクスセンサーを搭載しアップグレードすれば、あなたの心拍と血圧はどのように読んだ言葉に影響されるかということを了解できます。あなたがもうすぐ読んだほとんどの内容を忘れたに対して、Amazonは何も覚えています。そのようなデータを収集すると、Amazonはより正確に本の選択を手助けすることができます。

最後に、我々は全知のネットワークから切り離すことができないかもしれません。切り離すのは、死亡に等しいです。医療側の夢を実現していると仮定し、将来には、人間の体内に多くの生物学的モニタリングデバイス、バイオニック臓器やナノロボットを移植し、健康状態をモニタリングし、感染症、病気や怪我を避けます。しかし、これらのデバイスは、常に最新の医療の発展を追跡し、サイバースペースに爆発した新型ペストを抵抗するために、1日24時間オンラインを必要としています。家庭用コンピュータは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬に絶えずなく攻撃され、今後の補聴器、ペースメーカー、ナノテクノロジーの免疫系は免れることはできません。定期的に体内のウイルス対策プログラムを更新しない場合は、ある日の午前中に目を覚ますと、血管での何百万のナノボットがハッカーに操作されているということを見つけます。そのため、21世紀の新技術は、完全に人間から、権威を非人間のアルゴリズムに転換する可能性があります。


人工知能、バーチャルリアリティ、ビッグデータ、ブロック鎖、IoT等のブラックテクノロジーが次々と現れて尽きない際に、、技術の大きな進歩はどのように人類の未来を覆すだろうか?そして、人間はどのように日進月歩の将来に直面しますか?

参考資料:

作者 Yuval Noah Harariの本「Homo Deus: A Brief History of Tomorrow 」

回到顶部