044-328-9098
JP CN EN

シャアニングバイク、IoT世界に進出する自転車

515日、グローバルインテリジェントバイクシャアニングの先駆者並びリーダーモバイク(以下、mobikeという)は、中国四川モバイル、Huawei社と戦略的提携を締結することについて発表しました。三社は狭帯域IoTアプリケーションやNB-IoT革新等分野での深い協力を展開しており、これはmobikeが世界では一番最初にNB-IoT IoT技術に取り組む共有自転車プラットフォームとなるのをマークします。

では、バイクシャアニングは一体、どういうことですか。

2016年の年末より、中国では、シャアニングバイクは獅子奮迅の勢いで突進し、大勢の人々の目線を引いてきました。また、低炭素交通というコンセプトに適合するため、政府もこれに大きな興味を持ってきました。


バイクシェアリングは、新型共有経済で、タイムシェアのレンタルモデルとして、キャンパス、地下鉄駅、バス停、住宅区域、商業区域、公共サービスエリア等で自転車共有サービスを提供しています。シャアニングバイク企業は使用時間に応じて発生するレンタカー料金を収めて、利益を取得します。

目前流行っているシャアニングバイク企業では、バイクシャアニング事業により早く進出したmobikeofoはよく知られています。

シャアニングバイクの使用方法


アプリで自分の情報を登録し、預金の支払い後に、どこでも見つかったシャアニングバイクに乗れるようになります。

シャアニングバイクの種類によりロック解除方法は違っています。ここでは、mobikeofo二つを例として比較的に説明します。

Mobikeについて、アプリで、GPS経由で地図上に気に入るバイクをクリックし予約済となり、予約されたバイクは15分を過ぎると予約無効になります。車体、ハンドル、ロック上にQRコードがあり、アプリでスキャンすると、人間の介入が必要なし、ロックが自動的に開き、課金がスタートします。ここで、Mobikeの自転車にネットワーク装置が内蔵されたことを明らかにします。即ち、アプリでのスキャニング完了後、サーバーバックグラウンドからコマンドが送信され、自転車は自動ロック解除になります。目的地に着くと、ロック後、アプリでは、自動的に乗り終わりを表示し料金を控除します。

一方で、ofoでは、バイクのID番号の入力が必要で、その後プログラムではロック解除のパスワードが提示され、シャアニングバイクにネットワーク装置が内蔵されていないため、このパスワードに応じて手動回転でしないと、ロック解除できません。Ofoのシャアニングバイク内部のロック解除原理は銀行のUSB Keyのパスワードカードに類似ていて、このパスワードが分ごとに一回更新し、バイクのID入力後、プログラムのバックグラウンドではパスワードを算出します。ロック内部のクロックに誤差が生じる可能性があるため、実際操作中にたまにパスワードが無効になったこともあります。ロック後の料金請求について、プログラムでは、自動的にこれを乗り終わりと見なすことなく、マニュアルで「乗り終わり」をクリックする必要が有ります。この点では、明らかに、途中で「乗り終わり」をクリックしシステム側では終了になって控除を行うというバッグが無視できません。

ネットワーク装置があるかどうか、人々に違う体験を与えます。通信装置と発電装置があるMobikeに比較すると、Ofoはそんなに複雑ではなく、より乗りやすくなり、預金もより低いです。

また、スマートロックについて簡単に説明します。


ロック内部では、メカニカルパーツについては、ギヤードモータによる給電で運転し、バネが引かれ、マイクロスイッチでサークリップ移動のポジショニングを達成します。コントロールパーツについては、MCUプランとSOCプランに分けられています。ポイントとなる通信システムはスマートロックにて重要な位置を占めています。現在、シャアニングバイクのスマートロックはモバイル通信(Mobikeが代表)、Bluetooth通信、完全な機械(Ofoが代表)3種類に分けられています。



Mobikeのロック


Ofoのロック

最初の話題に戻すと、Mobike のことを話す必要性があります。

Mobikeは、世界初のスマートシャアニングバイクモデルを作成し、自己開発した特許つまりスマートロックはGPSや通信モジュールを統合し、最新のIoT技術を活用し、APP経由で、ユーザーがいつでもどこでもポジショニングし最寄りのMobike自転車を使用することができます。行く場所に到着し近くで道路沿いに駐車した後に、ロックすると電子決済決済を実装します。

また、20151月にMobikeが設立し、2016422日の地球日に上海でスマート自転車共有サービスを正式に立ち上げ、そして上海、北京、広州、深セン、成都、天津、シンガポールなど海内外の60以上都市に入り、バイクはトタルで400万以上を超え、毎日注文量が2000万過ぎ、世界最大の自転車共有インテリジェンス操作プラットフォームへと成長しつつあります。より多くの人々の旅行を容易にするための「都市への自転車の復帰をしましょう」を促進し、都市に持続可能な発展のためのインテリジェントなソリューションを提供します。


Mobikeだけではなく、バイクシャアニングに存在している極大なビジネス機会を奪うために、より多くの企業はIoT技術により、シャアニングバイクの革新を実行する可能性が大きいと思います。将来には、バイクシャアニングはIoT世界にどうなれるかと期待しております。

回到顶部