044-328-9098
JP CN EN

顔認識技術について、浅く解析

近年、バイオメトリクスの中で最も活発なの一つとして、顔認識技術が広く金融、司法、軍、警察、国境管理、政府、航空宇宙、電源、工場、教育、医療、及び多くの企業と機関で使用されてきました。技術が成熟し、さらに社会的認知度が高まるに伴い、顔認識技術は、複数の領域に適用されます。

簡単に言えば、顔認識技術とは、顔のオルガンの違う位置と距離に対して計算する数式そのものであり、即ち、入力した顔画像又はビデオストリームに対して、まず、顔がある場合に、各顔の位置、大きさとそれぞれの主要なオルガンの位置情報を更に与え、そしてこの情報に基づき、各顔に含まれる身元特徴を抽出し、公知の顔のデータベースと比較し、身元識別機能を有効にします。

顔認識技術は、可視光画像顔認識から、3次元画像顔認識/熱画像顔認識、アクティブ近赤外線画像に基づく複数光源の顔認識まで進化していき、光等の環境変化が顔認識への影響を解決しつつあり、継続進化的なアルゴリズムに加えて、顔認識技術は徐々により多くの新しいアプリケーションに進出しつつあります。


まず、ここでは、LFWLabeled Faces in the Wildこのウェブサイトを紹介したいです。これは、無制約環境での顔認識の研究のためのデータベースそのものです。マサチューセッツ大学アマーストキャンパスのコンピュータビジョン研究室によって整理統合され、もうアカデミア(産業界)では認識性能を評価するベンチマークになってきました。

LFWデータ収集と処理手順

█ オリジナル画像のコレクション

█ フェイス検出

-Viola-jonesフェイス検出器+マニュアル訂正

█ 画像の重複排除

█ フェイスマーク

-名前の独特を確保する

█ カットとサイズの正規化

-フェイスボックスが2.2倍拡大され、黒塗り、そして250*250にリサイズされる

█ トレーニングテストセット形成

金融/社会保障分野


金融セクターにおける顔認識へのアプリケーションは、顔で支払い技術が出てくるということによって反映されています。3月17日、ドイツのハノーバーエレクトロニクスショーのオープニングセレモニーでは、中国の副首相Makaiとドイツの首相メルケルの前に、自社のウェブサイトで、20ユーロの1948年のハノーバーレクトロニクス・ショーの記念切手を購入する時に、顔で支払いました。彼は、Alipayの顔認識技術「SmiletoPay」を世界に展示し、これは顔支払いの幕を開きました。

安全な都市/コミュニティ分野


都市交通と治安は各国がずっと困っている厄介な問題です。近年、社会犯罪率は年々高まる傾向があり、特にサイバー犯罪がより深刻になり、ネットワーク逃亡事故が頻繁に発生し、犯罪者の手口がもっと微妙かつ先進になりつつあるという一連の事実で、警察は事件解決に対応して、大きな挑戦に直面しています。加えて、深刻な事件がときには発生するということは人々が公共の生活場所への安心感を低下させました。

複雑な環境、例えば、空港、港、駅、エンターテインメント、街道などでは、人々の出入りが激しくて、犯罪者は入り混じっています。これは安全な都市を確保するためにフォーコスとしてモニタリングすべき場所です。また、大規模なコミュニティ/学校には、出入り人数が多くて、ガードが怠慢し、または疲れたため、識別することができなくなってきました。そして入り口に設置されたカメラでインテリジェント的に洗い出すことと早期警告ができないため、多くの不確実性と潜在的な安全上の問題があります。

顔認識とインテリジェントビデオ分析等の最先端のコア技術に基づき、バスターミナル、鉄道駅等の公共場所や他の重要な入口におけるセキュリティ管理のために、人間の顔の特徴によれば、ビデオ映像に他のオブジェクトから人間の顔を区別し、顔があるビデオを保存し、今後のインテリジェント検索を提供することができます。

スマート刑務所


刑務所と言えば、「プリズンブレイク」このトラムを思い出します。この中では、主役は自分の知恵で刑務所システムのバグを利活用し、成功裏に刑務所から脱出しました。実際、世界には、このドラマのようなケースが珍しくありません。どのように技術側で刑務所の壁を「強化」するかは、刑務所の管理を解決するための重要な方向となっています。

囚人の脱出、部外者の不法入国、禁制品の保有と持ち出しを防ぐために、顔認識技術を通じて、家族、弁護士等の関連公務員の訪問、社会集団の訪問、関連するサービス担当者に身分識別、フェース登録を行い、出入り者が訪問の要件を満たすのを確保します。内部を外出受刑者の管理と統合し、そして既存のビデオ監視システムや顔認識システムと組み合わせて使用し、。完全な包括的かつ効果的な刑務所管理システムを形成します。

一方、刑務官と囚人は一年中一緒に住んでいるため、思考上の麻痺を起こしやすく、特に変装好きな犯罪者に対して、より簡単的に警戒心をゆるめるようになります。囚人たちは、敏感区域に活動すると、インテリジェント認識技術により、自動的に警告し、効果的に悪質な事件の発生を避けることができます。

スマートオフィス


ビルディングが業界のホットな話題となっていると、スマートオフィスも燃えてきました。インターネット技術の急速な発展により、スマートオフィスシステムのネットワーキングは、必然的な傾向になります。スマートオフィスでは、顔認識クラウドプラットフォーム、フェイス携帯端末装置、顔認識訪問者管理システム、顔認識アクセス制御システム、オフィス制御システムは、顔認識従業員識別システム等の認識システムを利活用し、インテリジェントオフィスとインテリジェント管理を実現し、専門的かつ科学的なスペースとより人間的な環境を作成、作業の生産性と品質を高め、労働条件を改善し、労働強度を低減し、それによって科学的管理と意思決定を実現します。

上記だけではなく、交通、教育、スマートビジネスソリューション、建築現場などの広範な分野では、顔認識技術も役に立てると期待しています。


参考サイト

顔認識システム

How Facial Recogniton Systems work

回到顶部