044-328-9098
JP CN EN

スマートホスピタルにおけるIoMTデバイスは2026年に700万台を超える



Juniper Research社の調査によると、スマートホスピタルにおけるIoMT(Internet of Medical Things)の数は、2026年までに700万を超えるとされています。


大手調査会社のアナリストは、全世界で740万台のIoMTデバイスが導入され、スマートホスピタル1軒あたり3,850台以上になると予想しています。

ジュニパーリサーチのリサーチアナリストであるアダム・ウェアーズは、次のように述べています。

「医療現場における遠隔監視の台頭は、ネットワーク事業者がデジタル・ヘルスケアのバリューチェーンに参入する機会をもたらします。

スマートホスピタルの技術は大量のデータを生成するため、ネットワーク事業者が提供するエッジコンピューティング機能は、これらのシステムの展開を成功させるために不可欠となります。」

予測される成長を整理すると、2021年時点で320万台のIoMTデバイスが展開されています。研究者の予想が正確であれば、231%の成長に相当します。

IoMTの普及を牽引するのは米国と中国と予想されるが、人口が多く、経済が発展していることから当然といえば当然である。

COVID-19 遠隔監視を加速
パンデミックによって、ヘルスケア業界はより注目され、特に問題やボトルネックが浮き彫りになりました。

世界の多くの医療機関が直面している問題のひとつに、病床の不足があります。パンデミックの最中、英国では病院のベッドの約3分の2がCOVID-19の患者さんで占められていました。救命処置の可能性のある検査や治療が延期され、患者さんの受け入れ態勢を整えるのに2026年までかかるというNHSの責任者の見解もあります。

ブースターが順調に普及し、地域社会に広く浸透していることと、特にワクチン接種者にとっては感染力は強いが致死率は低いと思われる変異型であることが相まって、英国では現在の1日の感染率が過去最高であるにもかかわらず(現在の7日平均は17万3261人)、入院率は低く抑えられているのである。

実際、COVID-19に感染している英国患者のうち、ウイルスに対する治療を受けているのは約67%に過ぎず、約3分の1は患者が無関係な理由で入院した後に発見されたものです。

しかし、すべてのCOVID-19患者は、たとえウイルスの治療を受けていなくても、医療従事者や他の患者への感染を防ぐために、他の患者から隔離する必要があります。英国の多くのNHSトラストがこの理由で緊急事態を宣言しており、多数の職員が隔離されることで生じる人員配置の難しさがあります。

IoMTデバイスは、重症度の低い患者や感染症の患者を、自宅にいながら遠隔監視することを可能にします。これにより、重篤な患者のために十分なベッドを確保し、病院で必要な医療従事者の数を減らすことができるようになる。

ジュニパーリサーチは、遠隔モニタリングがスマートホスピタルサービスを実現するための鍵であると指摘しています。

ジュニパーリサーチ社によると、パンデミック時には、対面診療が困難なため、導入が大幅に加速したとのことです。この加速的なペースは、今後5年間は継続するものと思われます。

翻訳:日昇テクノロジー

転載元:IoMT devices in smart hospitals to exceed 7M by 2026

回到顶部