044-328-9098
JP CN EN

ガートナー:2026年までに消費者の25%がメタバースで毎日1時間過ごすようになる

ガートナーによると、2026年までに消費者の4分の1がメタバースに1日1時間滞在するようになるという。

メタバースとは、人々が遊び、交流し、仕事をすることができる仮想世界のことです。このような仮想世界は、ランドマークや職場など、現実世界の場所をアレンジしたものもあれば、クリエイティブな個人によって夢想されたものもあります。

ガートナーのリサーチ・バイスプレジデントであるマーティ・レズニックは、次のように述べています。

「ベンダーはすでに、ユーザーが自分の生活をデジタルワールドに再現できるような方法を構築しています。

仮想教室への出席から、デジタル土地の購入、仮想住宅の建設まで、これらの活動は現在、別々の環境で行われています。

最終的には、テクノロジーや経験の枠を超えた複数の目的地を持つ、単一の環境、すなわちメタバースで行われるようになるだろう。」

メタバースと、長年利用されてきた種類の仮想世界との違いは、まだ多少定義されていない。

セカンドライフのような仮想世界とメタバースを区別するものは、相互運用性であり、ある体験から別の体験へシームレスに自分のアバターや服や装備を持ち込むことができるという説がある。また、現実世界との深い統合という考え方もあります。また、分散化という考え方もあります。VRが可能にする没入感という考え方もあります。また、真のメタバースには、これら4つの組み合わせが必要だと考える人もいます。

テラ・バーチャのCEOであるJawad Ashrafは、次のようにコメントしています。

「ガートナーの調査は、メタバースが、仮想環境や他者と、これまで以上に没入的かつインタラクティブな方法で交流する、まったく新しい方法を提供するという私たちの確信を裏付けるものです。

メタバースは、社交の場、仕事の打ち合わせ、ゲームイベント、音楽コンサートなど、さまざまな場面で利用されるようになるでしょう。

メタバースがどのようなものになるかを正確に予測するのは時期尚早かもしれませんが、わかっているのは、まったく新しい体験を開拓し、私たちの生活をより豊かにしてくれるだろうということです。」

有名なデパートのセルフリッジは、初期のメタバース体験で相互運用性と実世界の統合の両方を組み合わせた。同店は最近、デザイナーのCharli Cohenと共同で仮想都市を立ち上げ、訪問者は、300以上の他の仮想プラットフォームで使用できるデジタル版に加え、物理的な衣料品を購入することができます。

パンデミックは、人々が連絡を取り合うための新しい方法を模索し、企業が不確実な時代にビジネスを保護しようとしたため、メタバースへの関心を高めた。2022年のIoTの予測では、より多くの企業がオフィススペースのデジタルツインを作成し、業務をメタバースに移行させるだろうと予測しました。

ガートナーは、そのレポートの中で、2026年までに30%の組織がメタバースに製品とサービスを持つようになると予測しています。

「企業は、デジタルビジネスからメタバースビジネスに移行することで、前例のない方法でビジネスモデルを拡大・強化できるようになります」とレズニックは説明します。

デジタルアセット大手のGrayscaleが11月に発表したレポートによると、メタバースの総評価額は今後数年で1兆ドルに達する可能性があり、アクティブユーザー数は2020年のスタートから2021年6月までに10倍に増えているという。

ガートナーは、「単一のベンダーがメタバースを所有することはない」として、メタバースにはデジタル通貨とNFT(Nonfungible Token)によって実現する仮想経済が存在すると予想している。

しかし、ガートナーはメタバース技術の採用は初期段階であり断片的であると警告し、特定のメタバースに多額の投資をすることに注意を促しています。

「どの投資が長期的に有効であるかを知るにはまだ時期尚早ですが、プロダクトマネージャーは競争力をつけるためにメタバースについて学び、探求し、準備する時間をとるべきです」とレズニックは結論付けています。

ガートナーは、2022年2月28日に「プロダクトリーダーのための即時および将来のメタバース・オポチュニティ」と題した無料のウェビナーを開催しています。

翻訳:日昇テクノロジー

転載元:Gartner: 25% of consumers will spend 1 hour daily in the metaverse by 2026

回到顶部